インドでiPhone7の製造へ、iPhone SE、iPhone6sに続き認可

IT狐 400 ビュー | 2019/01/22

インドでiPhone7の製造へ、iPhone SE、iPhone6sに続き認可

インド政府当局が、iPhone7の国内製造を認可しました。iPhone SEとiPhone6sに続く、インドで製造されるiPhoneとなる見込みです。

Wistronの傘下企業にiPhone7製造の認可

インドの認証機関であるインド規格局が、iPhone7のモデル番号「A1778」を認証したことが分かった、と世界各地のモバイル事情に詳しいブログサイトblog of mobileが報じています。

今回、インドでのiPhone7製造が認可されたのは、台湾のWistron傘下のインド企業、ICT Service Management Solutionsです。

blog of mobileによると、ICT Service Management Solutionsは、インド国内でiPhoneシリーズを製造する唯一の企業で、2017年に製造を開始したiPhone SEと、2018年に製造を開始したiPhone6sも同社が製造しています。

インド南部・ベンガルールで製造

今回認可されたiPhone7は、インド南部のベンガルールにある工場で製造されるとのことです。

2018年3月、Wistronがベンガルール近郊に工場建設の許可を取得したことが伝えられています。

また、2018年12月には、Appleの幹部が1月にインドの商工大臣とインドでのiPhone製造をテーマに会談する、と報じられています。

インドでシェア1%、苦戦するiPhone

iPhoneは、価格帯の高さもあってインドでのシェアは1%程度と低迷しており、販売は苦戦しています。

しかし、急速な経済発展を続けるインドは、中国に続く成長市場としてAppleは大きな期待を寄せています。

インド政府は国内産業保護のため、外国企業による直営店設置には製品の国内製造比率が30%以上という厳しい制限がかけられています。インドへの販売強化のために直営店を開設したいAppleは、インドでの製造を強化しています。

FoxconnもインドでiPhone製造との報道も

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、2016年にインドを訪れてもディ首相と会談、アプリ開発者支援施設や地図開発拠点を設置しています。

2018年末には、Apple最大のサプライヤーであるFoxconnが、2019年にもインドでiPhoneの製造を開始する、とReutersが報じています。

Source:blog of mobile
(hato)

 

, , ,

記事転載:https://iphone-mania.jp/