Apple Pay、スペインでサービスを拡大

IT狐 337 ビュー | 2019/01/19

Apple Pay、スペインでサービスを拡大

国際的な金融機関であるINGグループは、スペインでのApple Payのサービス開始を近く視野に入れていることを明らかにしました。

利用可能な金融機関が増加

INGは現地時間の17日、Twitterアカウントで「Próximamente(近日中に)」とつぶやき、Apple Payのロゴが入った画像をシェアしました。

 

スペインでは、昨年3月の時点ですでにオンラインバンキングのbunqがApple Payの提供を開始していましたが、大手銀行が提携者として加わったことで、国内でのさらなるサービス拡大が期待されます。

順調に利用可能な国や地域を拡大

Apple Payは、2014年にアメリカでサービスが開始された後、利用可能な国・地域を順調に拡大させています。

2018年だけでも、ドイツ、カザフスタン、ポーランド、ノルウェー、ウクライナ、ブラジル、オランダ、ベルギーなどの国々で新たにサービスが利用できるようになりました。

Apple Payは、いまだオーストリア、ギリシャ、ハンガリー、ルーマニアなどの国々では導入されておらず、これからもサービス利用可能地域を広げていくであろうと予測できます。

Source:AppleInsider
(lexi)

,

記事転載:https://iphone-mania.jp/