2020年のiPhone、Qualcommの5Gモデムを搭載する可能性ありとの予測

IT狐 410 ビュー | 2019/01/18

2020年のiPhone、Qualcommの5Gモデムを搭載する可能性ありとの予測

iPhone5G対応は2020年となる見通しで、搭載するのはIntel製モデムとの報道が続くなか、2020年発売のiPhoneがQualcomm製5Gモデムを搭載する可能性は残っているとの予想を、投資銀行Barclaysのアナリストが明らかにしました。

Intelの開発の遅れに不満か

すでにAndroid陣営の主要ベンダーが、次世代通信規格5Gに対応した製品の2019年内の発表を示唆する一方で、Appleについては5G対応iPhoneの発売は2020年になると言われています。

この遅れは5Gモデムチップを供給するIntelが原因とされ、AppleはIntelの開発の遅れに不満を抱いているとも伝えられています。

米連邦公正取引委員会(FTC)がQualcommを独占禁止法違反で提訴した裁判における証言により、Appleが2019年に発売するiPhoneに搭載する5G対応モデムチップについてIntel、Samsung、MediaTekの3社と交渉していたことがわかりました。つまりAppleは今年発売のiPhoneで、5G対応を計画していた(している?)ということです。

AppleとQualcommの和解はあるのか

Appleは昨年12月、特許使用料支払いなどを巡る裁判においてQualcommと和解する意志はなく、今年4月から再び裁判で争うと宣言しています。

しかし米MacRumorsが投資銀行Barclaysのアナリストから入手した調査メモから、同アナリストらは「Appleは2020年のiPhoneに、Qualcommの5Gモデムを使わざるを得なくなる可能性がある」と考えていることがわかりました。また現在進行中の両社の裁判も、和解の方向に進むのではないかと、同社アナリストは予測しています。

Qualcommは5G技術では業界を先導しているとみなされており、Intelが同じレベルの製品を供給できないのであれば、AppleとQualcommが話し合いを再開する可能性はあるかも知れません。

Source:MacRumors
(lunatic)

, ,

記事転載:https://iphone-mania.jp/