Apple、高齢者のApple Watch購入に助成金を検討 複数の保険会社と交渉か

IT狐 401 ビュー | 2019/01/17

 Apple、高齢者のApple Watch購入に助成金を検討 複数の保険会社と交渉か

Appleは、米国の高齢者がApple Watchを割引価格で購入できるようにするため、メディケア(高齢者向け医療保険)を提供する保険会社と現在交渉中だ、とCNBCが報じています。

ヘルスケア分野に力を入れるApple

Appleは近年ヘルスケア分野に力を入れています。

同社の最新スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」は、心電図測定機能や転倒検出機能を搭載しており、これまで多くの人を救ってきました。

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は先日、ヘルスケアに関連した新サービスをスタートさせる計画があると明かしており、同社の元CEOのジョン・スカリー氏は「Appleはヘルスケア業界を揺るがすことになる」と発言しました。

高齢者ユーザーの獲得につながるか

CNBCが現地時間16日に報じたところによると、Appleは米国の高齢者がApple Watchを補助金を使って購入できるように、メディケア(高齢者向け医療保険)提供元の3社の保険会社と交渉を始めたとのことです。

メディケアは、米国政府が管轄する高齢者・障害者向けの公的医療保険制度です。米国に5年以上の居住歴がある65歳以上のすべての人が給付の対象となります。

心電図測定機能や転倒検出機能を搭載する最新Apple Watchは高齢者ユーザーとの相性も良く、今回の交渉に成功すれば、Appleはこれまで以上に多くの高齢者ユーザーを獲得できる可能性があります。

ガラケーのMotorola Razrが折りたたみスマホとなって復活

Source:CNBC via CNET Japan
Photo:Apple
(kotobaya)

, ,

記事転載:https://iphone-mania.jp/