2018年の全世界アプリダウンロード数は1940億件を突破 2016年から35%増

IT狐 382 ビュー | 2019/01/17

2018年の全世界アプリダウンロード数は1940億件を突破 2016年から35%増

全世界のアプリダウンロード数は1940億件超

全世界のアプリダウンロード数は1940億件超

2018年における全世界のアプリダウンロード数は1,940億件を突破し、2016年から35%の増加となりました。

国別では、App StoreとサードパーティのAndroidストアにおけるアプリ合計ダウンロード数の約50%を中国が占めています。

インド・ブラジル・インドネシアといった新興市場はダウンロード数が上昇傾向にあり、その中でもインドは2016年比165%の大幅な成長となっています。

全世界のアプリ消費支出は1010億ドルを突破

全世界のアプリ消費支出は1010億ドルを突破

2018年における全世界のアプリ消費支出(有料ダウンロード、アプリ内課金、アプリ内の月額課金)は1,010億ドル(約11兆円)を突破し、2016年から75%の増加となりました。

2018年のアプリ消費支出のうち、約40%は中国によるものです。

消費支出の内訳をカテゴリー別で見ると、ゲーム系が74%、非ゲーム系は26%となっています。2018年のアプリ消費支出の大部分はゲーム系によるものですが、非ゲーム系はアプリ内の月額課金をする人が増えたことで、2016年から18%の増加となっています。

App Annieは、今後も非ゲーム系アプリで月額課金をする人は増え、2022年の非ゲーム系アプリの消費支出は2017年から750億ドル(約8兆2,000億円)の増加をすると予想しています。

全世界のアプリ利用時間は2016年から50%増加

全世界のアプリ利用時間は2016年から50%増加

2018年における全世界のアプリ利用時間は、2016年から50%の増加となりました。

アプリ利用時間をカテゴリー別に見ると、SNSアプリと通信系アプリが約50%を占め、動画プレーヤー&エディタアプリが約15%、ゲームが10%となっています。

一方、アプリ利用時間が大幅に伸びたカテゴリーは「写真」で、2016年から210%の大幅な増加となりました。

2019年のモバイル市場予測

2019年のモバイル市場予測

App Annieは、2019年におけるアプリの消費支出が1,200億ドル(約13兆円)近くになると予想しています。これは世界経済全体の5倍にあたる成長ペースです。

国別でのアプリ消費支出は中国が引き続き牽引すると見られていますが、2019年における中国のアプリ消費支出は、2018年のゲームライセンス凍結が原因で若干の減少が予想されています。

ジャンル別では、月額課金による消費支出が増加することで、非ゲーム系アプリの成長率はゲーム系アプリの2倍になると予想されています。ただし、消費支出の大部分は引き続きゲーム系アプリによるもので、2019年のアプリ消費支出全体のうち75%はゲーム系アプリが占める見込みです。

Source:App Annie
Photo:photo AC-RRice
(kotobaya)

,

記事転載:https://iphone-mania.jp/