iPhone7のハンズフリーが無効になる不具合、ハードウェアの故障が原因と判明

IT狐 334 ビュー | 2018/11/25

iPhone7のハンズフリーが無効になる不具合、ハードウェアの故障が原因と判明

一部のiPhone7やiPhone7 Plusで問題となっている、通話中にハンズフリー機能が無効になる不具合に関して、ハードウェアの劣化が原因であるということが分かりました。この不具合に関しては、2018年7月に公式の無償修理サービスが終了しています。

中にはボイスメモの録音機能が使えなくなる不具合も

この不具合があるiPhone7では、ハンズフリー機能が使えなくなるだけでなく、ボイスメモの録音機能が使えなくなる可能性もあります。

 

手が汚れているときや2対1で通話をするときなどに欠かせないハンズフリー機能は比較的重要です。また、会議などで議事録を取る際に多用するボイスメモ機能は使えないと困る場面も多いでしょう。

原因は端末内のパーツ劣化

端末を長年使っていると、iPhone端末内の電子回路の一部が熱によって剥がれる現象が起こります。これにより直接的に影響を受けるのが、通話中のハンズフリー機能なのです。

iPhone7のハンズフリーが無効になる不具合、ハードウェアの故障が原因と判明

落下が原因となる場合も

経年劣化以外にも、iPhone7をむやみに落とすと、この不具合が起こる可能性があります。衝撃により基盤のPCB接点が破壊され、iPhone7の動作に影響が出るのです。

 

iPhoneの落下は防ぐことができるとはいえ、経年劣化等は自分の努力では防ぐことができないため、この不具合が生じた場合はApple Storeで修理を行う必要があります。とはいえ、無償修理期間が過ぎているため、実費負担となるかもしれません。

 

Source:今日头条
(david)

記事:itfox.jp