1時間につき5,761枚のスマホ画面が割れている〜米最新調査

IT狐 330 ビュー | 2018/11/23

1時間につき5,761枚のスマホ画面が割れている〜米最新調査

スマートフォンに関する最新の調査報告書から、2018年に割れた画面の数、そして過去数年でその修理費用が急増していることがわかりました。

年間の修理費用総額は34億ドル

スマートフォンなどの保険を提供するSquareTradeの最新報告書によると、米国では2018年に5,000万枚以上のスマートフォンの画面が割れ、ユーザーはその修理費用として34億ドル(約3,840億円)を支払っているとのことです。

画面割れに、画面の傷、タッチスクリーンやバッテリーの問題などを加えると、今年だけでスマートフォンユーザーの66%が損傷を経験しているようです。

こうした損傷を引き起こす原因でもっとも多いのが、地面への落下です。ポケットやテーブルからの落下、水没(トイレを含む)などは、誰もが一度は経験しているといっても過言ではないでしょう。

消費者の半数は修理費用を低く見積もっている

報告書によれば、米国では毎時間、5,761台のスマートフォンの画面が割れています。そして消費者の約50%は修理費用を実際よりも低く見積もっており、65%は割れたまま修理をせずに使い続け、59%は修理をあきらめて新しいスマートフォンを購入しています。

iPhoneユーザーの場合、画面の破損のみなのか、その他の損傷なのかによって、大きく修理料金が変わってきます。例えばiPhone XSの場合、AppleCare未加入なら、画面の破損のみの修理代金は31,800円、その他の損傷の修理代金は62,400円とかなり高額です(日本の場合)。

SquareTradeの調査によると、スマートフォンユーザーの46%は、画面修理料金が150ドル(約17,000円)以下だと思っていることがわかりました。しかし実際は、今年発売のiPhoneのなかで最も安価なiPhone XRでも、画面破損の修理料金は22,400円です。

Source:SquareTrade via 9to5Mac,Apple
Photo:Facebook/SquareTrade
(lunatic)

記事:itfox.jp