Siriに「OK Google」と話しかけてGoogle アシスタントの起動が可能に

IT狐 339 ビュー | 2018/11/22

Siriに「OK Google」と話しかけてGoogle アシスタントの起動が可能に

Google アシスタントのiOSアプリがアップデートされ、SiriショートカットでSiriに「OK Google」と話しかけることでアシスタントが起動できるようになりました。

iPhoneに向かって「OK Google」は不自然?

Google アシスタントアプリからSiriへの追加を選択し、Siriショートカットの設定が完了すると、Siriを起ち上げ「OK Google」と話しかけるだけでGoogle アシスタントの起動が可能となりました。

またハンズフリーの状態では、「ヘイ、Siri」の前に「OK Google」と話しかけると、直接iPhoneでGoogle アシスタントを起ち上げることもできます。これには奇妙な感覚を覚えるユーザーもいるかもしれません。

Siriショートカットの性質上、「OK Google」と話しかけた直後に検索を実行するのは難しいとされています。アシスタントが起動される前に検索ワードの実行を試みると、Siriが「OK Google」を含めたフレーズをWebで検索してしまうようです。

【追記】ただしこれがiPhoneの言語設定が日本語だと、Googleアシスタント」アプリから「ショートカット」への追加はできません。言語を英語に設定する必要があります。

高度なタスクの実行も可能に

Google アシスタントとSiriショートカットを組み合わせてさらに高度なタスクの実行もできます。例えば、Google Homeのみに対応しているIoTデバイスをiPhoneで制御したい場合、Google アシスタントを介することで可能となります。

これまでiPhone上ではマニュアルで起動する必要があったGoogle アシスタントが話しかけるだけで起ち上げられるようになると、大きな利便性の向上につながりそうです。

AmazonのAlexaやMicrosoftのCortanaなどのその他のバーチャルアシスタントは現時点でSiriショートカットで使用することはできませんが、サードパーティアシスタントとしてGoogle アシスタントが加えられたことで、今後Siriを基軸として他社製アシスタントを介し、様々なタスクの実行ができるようになるかもしれません。

記事:itfox.jp