Apple、最も価値ある米国ブランド1位に返り咲き

IT狐 306 ビュー | 2018/11/19

Apple、最も価値ある米国ブランド1位に返り咲き

2019年の最も価値ある米国ブランドのランキングが発表され、Apple1位に輝きました。2018年に1位だったGoogleは2位となっており、Amazon、Netflix、PayPal、Uberなどが100位以内にランクインしています。

AppleはGoogleを抑えて再び1位に

米国ブランドのランキングBrandZは、ロンドンに本拠地を置く世界第1位の広告代理店グループWPPの傘下の調査企業Kantar Millward Brownが毎年発表しています。

ランキングは、Bloombergのファイナンシャルデータや、16万4,000人の米国内の消費者の1,500を超えるブランドの選択肢などがもとになっています。

調査によれば、1位に返り咲いたAppleのブランド価値は13%増の3161億ドル(約35兆6,330億円)に上ることがわかっています。iPhone Xの発表と、サービス部門全体のイノベーションなどが価値上昇につながったとみられています。

急速に勢いを増すブランドも

BrandZの2019年の米国ブランド価値ランキングで3位につけたのはAmazonです。MicrosoftとVisaはそれぞれ4位と5位となっています。Amazonは対前年比でブランド価値が69%増となっており、トップ10企業の中で最も急速な成長を見せています。

しかしながら、最も米国ブランドの中で伸びたのはNetflixです。ランキングでは28位でしたが、ブランド価値は昨年より93%増の302億ドル(約3兆4,052億円)となっています。

PayPalも急速にブランド価値が上がっており、88%の上昇を記録しています。ライドシェアリングサービスのUberは、ブランド体験で最高評価を得ており、35位にランクインしています。

2019年のBrandZのブランド価値ランキングトップ10は以下の通りとなっています:

  1. Apple
  2. Google
  3. Amazon
  4. Microsoft
  5. Visa
  6. Facebook
  7. McDonald’s
  8. AT&T
  9. IBM
  10. Mastercard

Source:The Drum
(lexi)

記事:itfox.jp