有機EL採用のソニー「Xperia XZ3」が発表 ── “格安指向”の日本市場の理解は得られるか?

IT狐 317 ビュー | 2018/08/30

有機EL採用のソニー「Xperia XZ3」が発表 ── “格安指向”の日本市場の理解は得られるか?

ソニーモバイルの2018年後期のフラグシップ「Xperia XZ3」は有機ELの画面が左右の縁まで広がり、いままでの同シリーズとは思えないデザインだ。

  • 新発表のXperia XZ3は、シリーズで初めて有機ELディスプレーを採用
  • 狭額縁を活かしたショートカット機能やカメラの起動動作もブラッシュアップ
  • ただし、流行のデュアルレンズカメラやお買い得なミドルレンジ機はなし

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は、ドイツ・ベルリンで8月30日(現地時間)に、2018年後期のフラグシップスマートフォン「Xperia XZ3」を発表した。

40万円のテレビにも遜色ないディスプレー画質

Xperia XZ3の最大の特徴は、シリーズ初の有機ELディスプレーを採用しているところだ。画面サイズは約6インチ。解像度は縦長のQHD+(1440×2880ドット)で、ネットフリックスなどのHDRコンテンツの再生にも対応している。

グループ会社にテレビ事業を持つ同社らしく、ディスプレーの画質にはかなりの“こだわり”が詰め込まれている。

同社は今回の発表で初めて、Xperiaと有機ELテレビの画質を横並びで比較。担当者は「約40万円ほどのBRAVIA A1シリーズの画質と遜色ないものを目指している」と話している。

実物を見てみると確かに黒はより黒く、明るいところは白飛びしないぐらい明るく表示され、前述したようなHDR対応のコンテンツを再生してみると、あっと息を呑むほどだった。

ユーザーの利用シーンに根付いたスマート機能

有機EL採用のソニー「Xperia XZ3」が発表 ── “格安指向”の日本市場の理解は得られるか?

新搭載の「サイドセンス」は、ディスプレー縁をダブルタップすると表示される。

また、機能面においても大幅なブラッシュアップが見られる。

XZ3は画面の大型化に伴い、片手で画面の上下へタッチするのが難しくなった。その打開策として、同社は「サイドセンス」と呼ばれるユーザーインターフェイスを開発した。

サイドセンスは、画面の縁を2回タップすることで表示される小さなショートカット画面のことで、よく使うアプリのリストとWi-FiやBleutoothなどのオンオフといった簡易設定アイコンが並ぶ。

よく使うアプリの表示には、同社独自の予測エンジンを活用している。XZ3はユーザーの最大7日間の使用履歴を分析し、「曜日や時間帯」「アプリ同士の関連性」「アプリの起動する推定場所」によって最適なアプリをレコメンドする。

記事:itfox.jp